雨量計が大活躍するよ

梅雨の季節など、天気予報で「今日は10ミリの雨が降る予報です」とか「30ミリの雨量が予想されています」等といっています。その量は一体どうやって測っているのかというとそれには雨量計というものが使われています。この機械にはいくつか種類があるのですが一般的には、転倒ます型雨量計という種類のものを使用します。この転倒ます型には2つのますがついています。口径20cmの「受水器」に入った雨水を「濾水器」で受け、転倒ますに注ぎます。降水量0.5mmに相当する雨水が「ます」に貯まると反対方向に倒れて水を排出します。その転倒した数を計測することで「降水量」を知ることができます。これが雨量計の仕組みです。雨水と表現されるものには、もちろん雪なども含まれます。降ってくる液体すべてをはかります。この機械があるおかげでどれくらいの雨が降ったかということがよくわかります。

雨量計の仕組みはを知る

雨量計の代表的なものは、転倒ますを使った方式です。雨水を貯めこむと一定量に達した時点で、鹿威しのように転倒ますが倒れ、貯めた水は捨てられるといった動作を繰り返します。転倒ますがパタパタと倒れて戻る回数を電子パルスに変換し、測定結果した転倒回数から雨量を換算する装置です。動作が自動化されていることから、人手を省略することができるため長時間の測定に向いています。転倒ます方式のような本格的なものではありませんが、ペットボトルと使った手作り雨量計のキットが販売されています。簡易な方式であればこれを利用することで、自宅で雨量を調べることができます。キットを使わずに作る方法も、ネットで検索すれば簡単に知ることができますので興味のある方は調べてみてください。雨量計のイメージを具体的に掴めるので勉強になります。

雨量計の仕組みは国土交通用のHPでわかります

雨量を測定する装置である雨量計のしくみについて勉強するなら、仕組みなど定義は国土交通省・気象庁HPにあります。広く使われている方式は、転倒ますを使った測定方法です。写真付きで掲載されていますので、ご覧になるだけでイメージを掴むことができます。基本的な動作原理は、受水口から集められた雨水が転倒ますに集められ、一定の量が貯まると排出されるという仕組みとなっています。転倒ますは雨水の重みで傾くことで水を排出しますが、排出後は元の位置に戻りますので、人手なしで測定動作を継続することができます。転倒ますのサイズの違いで誤差に違いがあります。また、転倒ますへの雨水への吹込みもまた誤差要因となります。雨量計により測定された雨量データは、集約されネット上で閲覧することが可能ですので、興味のある方は参考にされて下さい。

価格表に関しては、メールをいただければPDFファイルでお送りしますので、お客様の会社名・お名前をご明記ください。 世の中で騒がれている異常気象、地球温暖化に対して、今後の地球をどのように守っていくかが課題と考えています。 お問合せフォームから製品の仕様、価格、使用方法などお気軽にお問合せください。 雨量計は品質に自信のフィールドプロ