雨量計はここから始まりました

雨量計はその名の通り雨の量を量る機械です。雨の量は通常の場合ミリメートルの単位で表されますが、それは測定の仕方と密接な関係があります。雨量計には貯水のためのタンクが付いていてここに貯めることから計測が始まります。貯水タンクには浮きが入っていて、この浮きが上下することで測定する仕組みになっています。すなわちこの浮きの高さが先ほどのミリメートルに繋がっていくわけです。また、浮きにはペンのようなものが付いていて記録することが出来ます。その記録するための用紙は回転する仕組みになっています。これが時間経過で回転することで時間ごとの降雨の量を記録します。非常にシンプルな仕組みではありますが、よく考えられている機械です。貯水タンクの底面積、そこに繋がる管の大きさを日本全国で統一することによって全国共通の指標である降水量を明確にしています。

雨量計と災害の関係性

大雨によって、土砂災害が起きる可能性があります。その可能性がある場所には、雨量計を設置し、その上でマメに雨量を計測するとよいです。そうすることによって、土砂災害の可能性を検討することができます。一定の基準以上の雨量となった場合には迅速に避難をすることができます。事前に備えることができます。災害の際には雨量計などで数値をしっかりと確認をすることが大事です。そうすることによって被害を最小限に抑えることができます。今はわざわざ設置をしてある場所に行かなくても遠隔でチェックをすることができますし、リアルタイムで確認をすることができます。データが送信されてくるタイプの雨量計もあるので、利用しやすいものを導入してみるとよいでしょう。市役所などで管理をすれば防災対策として利用をすることが出来るので、助かります。

雨量計はどういう仕組みになっているのでしょうか

台風や大雨のときには、テレビやニュースの天気予報で「1時間で60ミリの雨が降り…」という感じで報道がなされていますが、いったいこの雨量、どうやって測っているのかと不思議に思われた方も多いでしょう。なんとなくシリンダーのようなものに雨を溜め込んで、その分量を量っているのではないかと漠然と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実のところ、全国にあるアメダスと呼ばれる地域気象観測システムに搭載されている雨量計は、雨を溜めているわけではなく、その構造は日本庭園のシシオドシのような構造になっています。これは「転倒マス」と呼ばれているもので、マスの片方に一定量の雨、具体的には0.5ミリ溜まるとそれが傾いて、もう片方に雨を流し込むという構造になっています。1時間でマスが何回傾いたかによって雨量が測定できるという仕組みになっているわけです。